顔の産毛処理のための顔パックの使用方法

顔の産毛処理のための顔パックの使用方法

顔の産毛処理のために市販されている、顔パック使用方法は、だれでも利用できるほど簡単です。メイクをしたままとか、日焼け止めを塗布したままではなく、クレンジングや洗顔をして、毛穴を清潔にしてから使用をします。

 

できるだけ肌が柔軟な状態で、毛穴も開いているときに利用をするのが良いですから、夜のバスタイムの後などは良いタイミングです。バスタイムの後ではなくても、洗顔を終えた後に使っても、毛穴が開いているので使うには良い時です。

 

ジェルやクリーム対応の場合は、適量を顔の気になる部分に塗っていきます。

 

厚塗りよりも薄く、全体的に隙間なく塗るようにしたほうが良いです。顔全体の肌に伸ばしていきますが、髪の毛の生え際と、眉毛や唇、目やまぶたなどは避けて塗ります。全体的に塗り終えたら、そのまま乾くまで数分間放置をして、乾いたらはがしていきます。

 

一気にはがすと刺激にあるので、優しくゆっくりとはがします。額の髪の毛の生え際あたりからはがして、下へとはがします。顔の上のほうからはがしたほうが良いのは、産毛の流れに合わせるためです。

 

顔の産毛処理でパックを使用したら、肌は乾燥をしているので、肌に低刺激な基礎化粧品で、水分を整えるケアをします。

 

 

顔の産毛処理を剃って済ませる場合

顔の産毛処理では抜くのが効率的だと分かってはいますが、いざ抜くとなると強い痛みを感じますし、抜いた後が出血したりして、なかなかまとまった毛を処理することができません。抜く場合には自己処理に頼らずに専門家による施術を受けるのが賢明です。

 

剃る場合にはシェーバーがお勧めです。カミソリは圧力のかけ方がとても難しくて、うっかり皮膚を傷つけてしまうこともあります。シェーバーは過度な負担がからないように設計されている商品も多いので、安全に処理できます。

 

実際にシェーバーで顔の産毛処理を行う時には、まずは事前に顔を洗って清潔な状態にしておきます。水場で使えるタイプならそのまま剃ることができて、処理し終わった後も流せますのでお勧めです。

 

肌が綺麗になったらシェービングクリームをたっぷりとつけて、力を入れ過ぎないようにしながら剃っていきます。出来ればヘッドはあまり大きくない方が小回りがきいて使い勝手が良いようです。

 

処理を終えて流したら、化粧水や乳液でのケアも忘れてはいけません。自己処理の場合にはこのアフターケアが重要になりますので、少なくとも保湿ケアは必ず行うように覚えておくことが大切です。お勧めの成分はセラミドやヒアルロン酸です。